若々しい目のために

中年女性

ちょっとした工夫

老眼になると小さな文字が読みにくい、またはものを見たときにピントが合わないといった症状が出ます。多くは40代から始まると言われていて誰でも起こり得る症状ですが、毎日の生活の中で少しだけ気をつけると予防できます。老眼は目の水晶体が硬くなることや、それを支える毛様体筋が衰えることで、ものを見たときにピントが合わずに起こります。そのため目を酷使するとますます見えにくくなるので、小さな文字を見続けて疲れが溜まったら意識して目を休ませることが大切です。その際に、目の周りを優しく指でマッサージすると血行が良くなって疲れが取れます。また眼球を大きくゆっくりと回すように動かすと、目の筋肉のトレーニングになります。そして遠くと近くをゆっくりと交互に見るのも、老眼予防に効果的です。さらに長時間パソコンやスマホの画面を見続けると老眼の症状を進めてしまうため、画面を見るときには30センチ以上の距離を心がけ、1時間以上作業をしたら10分程度休憩するようにします。他にも老眼予防には栄養も大切です。そのため、バランスが取れた食事をすることも老眼予防になります。中でもルテインは目の水晶体にたくさん存在していている栄養素で、老眼予防の効果が強いと言われています。多く含まれている食材は緑黄色野菜で、特にほうれん草にはたくさん入っています。他にブロッコリーやキャベツ、かぼちゃからも摂取できる栄養素です。バランスのいい食事を心がけながら、ルテインが多い食材を上手に取り入れていくことて老眼の予防になります。

Copyright© 2018 今から老眼予防対策に取り組もう!【目に休養を与える努力をする】 All Rights Reserved.